永久磁石

ネオジム磁石

ネオジム磁石

ネオジム磁石は、ネオジム、鉄、ホウ素を主成分とする希土類磁石です。

希土類は、レア・アースとも呼ばれ、優れた磁気特性、物理的特性をもっています。

ネオジム磁石の詳細

ネオジム磁石は、永久磁石の中で最も強力な磁力をもつため、ハイテク産業の特徴である小型化・高性能化で重要な役割を担っています。

主な用途

ハイブリットカー・MRI・HDD・DVD、CDプレーヤー・小型スピーカー・携帯電話・時計・雑貨

サマリウムコバルト磁石

サマリウムコバルト磁石

希土類磁石のひとつであるサマリウムコバルト磁石は、主成分がサマリウムとコバルトから成る磁石で、その磁気特性はネオジム磁石に次いで優れたものです。

サマリウムコバルト磁石の詳細

主な用途

高温環境での使用・小型磁気センサー・マイクロスイッチ・小型リレー・光通信・レーザー機器

異方性フェライト磁石

異方性フェライト磁石

異方性フェライト磁石は、酸化鉄(主原料)、バリウム、ストロンチウム等から成る永久磁石です。

異方性フェライト磁石の詳細

1μ程度に粉砕された材料を成型することで製造されますが、成型には湿式と乾式という方法があり、湿式の方が磁力は強くなります。

また、成型は磁界中で行われるため、一定方向に磁束が向くようになります。

希土類磁石に比べ磁気特性は低いものの、安価であることから幅広く使用されています。

主な用途

スピーカー・汎用モーター・健康器具

等方性フェライト磁石

等方性フェライト磁石

等方性フェライト磁石は、酸化鉄(主原料)、バリウム、ストロンチウム等から成る永久磁石です。材料を0.1~0.5mm程度の顆粒状にして成型されます。

等方性フェライト磁石の詳細

磁場成型していないことから、どの方向にも磁力を入れることが出来ますが、磁力は異方性フェライト磁石の約半分位になります。

希土類磁石に比べ磁気特性は低いものの、安価であることから幅広く使用されています。

主な用途

スピーカー・汎用モーター・健康器具

フェライト鏡面磁石

フェライト鏡面磁石

表面を研磨して鏡面のように仕上げたフェライト磁石。

フェライト鏡面磁石の詳細

※材質の特性は、比較表、磁気特性参照

特徴

・メッキやコーティング等とは異なり、磁石そのものの表面加工のため剥げない。
・様々な形状のフェライト磁石で加工可能。
・黒く、深い輝きがあり、ブレスレットやネックレス等の装飾品にも利用可能。
・直接肌にふれる健康機器等に応用可能。

注)強い摩擦・衝撃が繰り返されると表面加工が削れることがあります。

フェライト特殊着磁品

フェライト特殊着磁品

径方向や多極で着磁された磁石です。
※一般的な着磁は磁石の厚み方向にNS(2極)

フェライト特殊着磁品の詳細

特徴

異方性磁石、等方性磁石を使用。

アルニコ磁石

アルニコ磁石

アルニコ磁石は、アルミニウム、ニッケル、コバルト等を原料とし、鋳造もしくは焼結で製造された磁石です。

磁力は低くないものの、減磁しやすいので取扱には十分注意が必要です。

アルニコ磁石の詳細

主な用途

電動機・センサー・スピーカー

磁石の特性比較

比較項目ネオジムサマリウムコバルトアルニコフェライト
磁束密度(磁力の強さ)
保磁力(磁力の減りにくさ)
耐衝撃性
防錆特性
耐熱性(高温環境での使用状況)
コストパフォーマンス

◎非常に高い / ○ 高い / △ 低い

磁石は、材質によって特性が異なります。
使用目的に最適な磁石を選ぶ上では、各磁石の特性も重要なポイントとなります。

注)製品は予告無く変更する場合があります。