• HOME
  • 永久磁石(標準品)

永久磁石(標準品)

ネオジム磁石

ネオジム磁石

この希土類は、レア・アースとも呼ばれ、優れた磁気特性、物理的特性をもっています。

また、永久磁石の中で最も強力な磁力をもつため、ハイテク産業の特徴である小型化・高性能化で重要な役割を担っています

サマリウムコバルト磁石

サマリウムコバルト磁石

異方性フェライト磁石

異方性フェライト磁石

1μ程度に粉砕された材料を成型することで製造されますが、成型には湿式と乾式という方法があり、湿式の方が磁力は強くなります。

また、成型は磁界中で行われるため、一定方向に磁束が向くようになります。

希土類磁石に比べ磁気特性は低いものの、安価であることから幅広く使用されています。

等方性フェライト磁石

等方性フェライト磁石

磁場成型していないことから、どの方向にも磁力を入れることが出来ますが、磁力は異方性フェライト磁石の約半分位になります。

希土類磁石に比べ磁気特性は低いものの、安価であることから幅広く使用されています。

フェライト鏡面磁石

フェライト鏡面磁石

※材質の特性は、比較表磁気特性参照

特徴

・メッキやコーティング等とは異なり、磁石そのものの表面加工のため剥げない。

・様々な形状のフェライト磁石で加工可能。

・黒く、深い輝きがあり、ブレスレットやネックレス等の装飾品にも利用可能。

・直接肌にふれる健康機器等に応用可能。
注)強い摩擦・衝撃が繰り返されると表面加工が削れることがあります。

フェライト特殊着磁品

フェライト特殊着磁品

特徴

異方性磁石、等方性磁石を使用。

カップリング

カップリング

特徴

等方性フェライト磁石を使用。

主な用途

マグネットポンプ

アルニコ磁石

アルニコ磁石

磁力は低くないものの、減磁しやすいので取扱には十分注意が必要です。

ラバーマグネットシート

ラバーマグネットシート

酸化しにくく、柔軟性に長け、切断、穴あけ等の加工も容易に出来るため、形状自由度の高い磁石です。

吸着用として使用する際には、耐熱温度や磁力(他の磁石と比較してあまり高くない)を十分に考慮する必要があります。

特徴

・酸化しにくく、柔軟性に優れる。

・切断、穴あけ等の加工が容易である。

・形状の自由度が高い。

※原反ロールや切断の各サイズ、粘着剤付きがあります。

※合成ゴムの耐熱温度の関係により、80℃以下の環境にてご使用下さい。

スーパーマグネットシート

スーパーマグネットシート

従来のラバーマグネット(フェライト使用)と比較して吸着力が約4倍もあり、シートの柔軟性もラバーマグネットより高くなっています。

特徴

・希土類Nd-Fe-B系のフレキシブル磁性シート。

・通常のラバーマグネットに比べ、吸着力は約4倍。

・表面が多層構造体のため、磁性粉体の酸化や脱落がない。※1

・従来のラバーマグネットより柔軟性、復元性に優れている。

・ハサミやカッター等で簡単に切り抜くことが可能。

・トムソン加工により、型抜きが可能。

※1 切断面は表面加工が施されていないため、磁性粉体の酸化が起こります。

注)

・屋外用の用途には適しておりません。

・高温度では減磁してしまうため、100℃以下での環境にてご使用下さい。

磁石の特性比較

比較項目ネオジムサマリウム
コバルト
アルニコフェライト
磁束密度(磁力の強さ)
保磁力(磁力の減りにくさ)
耐衝撃性
防錆特性
耐熱性(高温環境での使用状況)
コストパフォーマンス

非常に高い高い低い

磁石は、材質によって特性が異なります。

使用目的に最適な磁石を選ぶ上では、各磁石の特性も重要なポイントとなります。

注)製品は予告無く変更する場合があります。
トップへ